ホテルの客室をDIYリノベーション! 「KANAYA BASE」で自由空間造りはいかが

インテリアにこだわりたくて、部屋を自由気ままにリフォームしちゃいたい方も少なくないかもしれません。そうは言っても、壁紙を剝がしたり、資材を置いたり、そもそも自由になる部屋が余っていなかったりと、なかなか自宅ではできませんよね。

外で一部屋だけ安く借りて、自由自在にアート・リフォームできないか? 例えば、住み手がいない中古物件とか…。と考えている方に、ちょっとしたニュースです。若者たちの間で始まりつつある「アート・リノベーション」活動をご存知でしょうか。

例えば、千葉県富津市金谷では、長年廃墟となっていた宿泊施設だった建物を、若者たちが「KANAYA BASE」としてリノベーションして再生しています。若い人たちがみんなで片付けしたり塗装したりと、パワーあふれる活躍で新たな施設へのリノベーションが、少しずつですが確実に進められています。

現在管理している「NPO KANAYA」の副理事長さんに伺ったところによると、もともとが宿泊施設のため、たくさんある客室を別荘感覚で借り切って、室内を自由にリフォームしてもらっているのだそうです。もちろん個人の方も歓迎。共有アトリエスペースも借りられるので、じっくりと創作活動にも携われるとか。

自宅で自由に大工作業ができなくても、近くに観光地がたくさんあり、眼前に海が広がるこの地で、いくら大きな音を立てても気になりません。床も天井もバリバリ剝がして、室内リフォームや日曜大工を楽しんだり、好みの内装や家具を入れて自分空間を創造したりしてみるのはいかがでしょうか。

海と山に囲まれた自然豊かなロケーション。





客室はもともと和室ですが、建物そのものは鉄筋コンクリートなので、自由にリフォームできます。





共有のアトリエスペースはもともとラウンジのようで、かなり広いです。時々若いアーティストが制作活動をしています。





1年を通してさまざまなイベントも行われるということで、注目のKANAYA BASEです。お問い合わせ等の詳細はホームページをご覧ください一部屋35,000円だそうですが、「価格は応相談」とのこと。もっと広いスペースも借りられるとか。

リノベーションは、古い建物を新しい用途・目的のために改装する、すてきな取り組み。きっと廃屋なんて、たくさんあるんでしょうから、こうした活動が全国で広がっていくと楽しいですよね。普段は都会に住んでいても、週末は郊外でDIYなんて、最高じゃありませんか。

KANAYA BASE

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

様々な業種で幅広く得た経験を生かして、「いいもの」「いいひと」を「新しさ」「面白さ」でつなぐことをライフワークにセミナー講師やライター業をしています。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事