無駄なものを一切省いたらこうなった!切り離して使えるぺったんこなUSBメモリ

画像や資料など、大切なものを記憶するUSBメモリ。食べ物や動物の形などをはじめとして、凝ったデザインやかわいいデザインのものもたくさんありますよね。

そんなデザインUSBメモリの”真逆”をいくのが、ロシアのデザイナーたちが考えた「tear-off USB Stick」というUSBメモリ。


できるだけシンプルにデザインされているUSBメモリは、平らなので保管時に場所を取りません。しかも、廃棄する時も分別しやすいようになっていて、記憶装置部分以外はダンボールのような厚紙でできているので、燃えるゴミとして、または再生紙としてゴミに出すことが可能です。

現在のところはコンセプトデザインですが、8GBと16GBが用意されており、4つずつくっついているので、切り離して使えるようになっています。ちぎった後の端っこの粗雑さもいい感じですね!


本体の部分は空白になっているので、メッセージやメモを書いたりもできます。ちょっと地味だなと思えば、自分で絵を描いたり、シールを貼ったりするのもいいかも。誰かに気軽に渡せるのもよさそう。

好きなデザインを持ち歩くのもよいですが、こんなエコなスティックを持ち歩くのも、スマートかもしれませんね!

tear-off USB stick via [FOREVER GEEK]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。モノを書く以外にも、イラストレーターと合同でカフェでの作品展示など、形にとらわれない創作活動も。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子は男の子2人。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事