来年の手帳は「余白」で勝負!

そろそろ来年度の手帳について思い巡らしてもいい頃ではないでしょうか?

「第14回手帳大賞」最優秀作が商品化された「ティーズフリーダイアリー(余白手帳)」が、とても便利そう。

これまでのスケジュール手帳といえば、カレンダー部分がページの大半を占めていました。メモしたいときは他のページに記入するしかありませんでした。そしてあまり書き込む予定がない日のマスが空欄のまま。これは確かに無駄があるような。

でもこれは「余白がたくさんある手帳」カレンダー部分は全体の中心に寄せて面積が小さくなっており、周囲に余白がたっぷりあるんです。余白がたくさんあることで、たくさんの情報を書き込むことができます。

アフターファイブや週末のいえなかプランだって、もっとしっかり書き込みたい! そんな方にぜひオススメしたいです。イラストだって描いたりできちゃいます。

スマホでスケジュール管理をできるとしても、まだまだ全体像が見えやすい紙の手帳に書き込みしたい、という方も多いです。スケジュールをしっかり管理して、毎日の生活にゆとりを生み出したいですね。

ティーズフリーダイアリー

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

様々な業種で幅広く得た経験を生かして、「いいもの」「いいひと」を「新しさ」「面白さ」でつなぐことをライフワークにセミナー講師やライター業をしています。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事