あなたが座れば絵が完成!? 額縁のようなデザインのイス

インテリア、家具などを楽しむ方法は、2つあると思うのです。

1つは、自分のお部屋にマッチするようなすてきな家具を探すこと。もう1つは、自分では買わない、買えないかもしれないけれど、そのデザインやコンセプトを楽しむこと

今回ご紹介する、まるで額縁の中に座っているような気分になれるイスFRAME ARMCHAIR」は、多分、後者に当てはまると思うのですが、座り心地や機能性だけでは語れない作品は「ものづくりは自由だ!」と改めて教えてくれます。

ゴールドやシルバーのプレートがあしらわれた木の枠と座る部分はシルクベルベッドが張られていて、ラグジュアリーな作りになっており、イスに座れば、まるで自分自身が絵画の一部になったようなデザイン。

こちら「NWW DESIGN AWARD 2012」に出品された作品で、実際に販売はされていないようです。

この「FRAME ARMCHAIR」は、座る人がいてこそ作品として完成する、そんなイスなのかもしれません。

FRAME ARMCHAIR[NWW DESIGN AWARD 2012]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。モノを書く以外にも、イラストレーターと合同でカフェでの作品展示など、形にとらわれない創作活動も。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子は男の子2人。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事