この世で最も禍々しい孫の手

不用意に背中をポリポリすると、幼体を産みつけられて寄生されそうです。

名作SF映画『エイリアン』のクリーチャーデザインで全世界を驚愕させた天才画家、H・R・ギーガー。インテリア・デザインやインダストリアル・デザインも手がけており、スイスには内装のすべてをギーガーがデザインした世界一禍々しいバーも存在します。

そんなギーガー・グッズにまさかのラインナップ「孫の手」があることはご存知でしょうか?

鋼鉄のような質感に見えますが、実はポリウレタン製。孫の手としての使い勝手はふつうに良いようです。ちょっとチェスト・バスターっぽい形なので、背中をカキカキした後ついでに「グッ……グフッ……ゲハァッ!!」とエイリアン産出シーンごっこをして遊ぶこともできそうですよ。

2012年8月にはエイリアン・シリーズの前日譚である『プロメテウス』が日本公開になります。こちらの作品でもセットデザインなどにギーガーのテイストが生かされているとの噂なので、楽しみですね。

トレンドワン

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

東京生まれ、大家族育ちのライター・編集者。ライフハッカー[日本版]、マイスピの編集スタッフを経て、現職に。映画・フィギュア・マンガが好きで、ベランダ園芸とコーヒーのドリップも趣味です。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事