本日のお三時:ホレンディッシェ・カカオシュトゥーベのバウムクーヘン

roomie編集部に寄せられた、お三時を淡々と紹介いたしますよ。

本日は、編集部の中島さんからいただいた、ホレンディッシェ・カカオシュトゥーベのバウムクーヘンです。

お菓子の成り立ちとか、「バウム」と「クーヘン」の発音とかは、Wikipediaの解説にお任せしまして、テイスティングのほどはと申しますと、想定外のしっとり感。よくあるバウムクーヘンは、途中でお茶の一口も欲しくなるもんですが、こちらのバウムクーヘンは、パサパサすることなく、一切れ全部をいただけました。一緒に食べた編集部の中島さんと吉川さんのコメントは「ほんわかブランデーが香る大人の甘み(中島)」「外側のしゃりしゃりした部分がおいしかったです(吉川)」とのこと。

編集部の3人で食した後、周囲の方々におすそ分けしたところ、やはり大好評でした。贈答品としてオススメです。もらったほうが言うのですから、その点は間違いないかと。この場を借りてお礼申し上げます。ぺこり。

ホレンディッシェ・カカオシュトゥーベ

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

1978年モデルの物書き・コピーライター・Web編集者。大学時代は古文書を読みつつ過ごし、卒業、就職、紆余曲折を経て、2006年からギズモード・ジャパンのライターに。2011年にはライフハッカー[日本版]編集長。2012〜2013年は、まいにちの家路をたのしくすべくroomie編集長へ。目下の趣味は帰宅と猫の爪切りです。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事