絶対開けてはいけないブラインド

「光を遮る物があるから、光を感じることができるんだぜ!」みたいなカッコイイこと、いつか言ってみたいです、はい。

「Bright Blind」というこのブラインドは、窓のない壁面にまるで窓があるかのような勘違いをさせてくれる壁掛け照明です。羽の部分1枚1枚に無機ELという面発光する照明が埋め込まれており、ブラインドから漏れる光から、まるでそこに本物の窓があるかのように錯覚してしまいます。

さらに、本物のブラインドと同じように、ハンドルを回して羽の傾斜を変えることにより、照明のオンオフや調光が可能となっております。無機EL自体は特有の青みがかった光があるのですが、それがまるで朝の日差しに見えてくるから不思議ですねー。

地下の部屋なんかでも使えそうですし、実際、全く光の入らない本物の窓なんかに取り付けるのもいいかも。間違っても、いい天気だと勘違いしてブラインドを上げないように注意してくださいねー!

Bright Blind [via GADGETFEAST]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

神戸生まれ。武蔵野大学卒業後、インテリアデザイナーとして設計事務所に勤務。2012年から、アート/インテリア/ライフスタイルを中心にウェブメディア等で執筆業を開始。これまでに数十以上のウェブサイトでの企画・執筆にかかわり、オウンドメディアや記事広告で制作したタイアップ記事は数百本以上。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事